即日審査なしで借りられるカードローンについて

急な病気やケガで現金が必要になった!
友達や親類の冠婚葬祭が続いて、生活に必要なお金が足りなくなってしまった。
給料日は、もうすぐなのに、財布にお金が全然ない!
そんな時の強い味方が、即日審査なしで融資が可能なカードローンなどの金融機関です。

カードローンを利用しようと思っても、審査に通るか心配ですよね。
それに、審査をしていたら、「今」お金が必要なのに、すぐにお金が手元に入らないなら意味がない。
そんな方には、審査なしで即日お金をかりることができるカードローンがおすすめです。

といっても、まったく審査しないで融資をするカードローンはありません。
もし、あるとしたら、違法な業者か闇金と呼ばれる悪徳な金融業者でしょう。
実は、カードローンを利用しようとしたら、審査を避けて通ることはできないのです。

では、審査なしでお金が手元に欲しい方に、その解決策をご提案です。
お金を借りるための審査をいうと、数日、審査に時間がかかるのではないかと思いますよね。
実際は、大手の消費者金融などでは、30分ほどで審査が完了するものもあるのです。

審査時間が30分程度なら、今日、お金が必要な方でも、十分に間に合いますね。
審査のスピードが早く、即日に融資が可能な消費者金融なら、テレビでもCMをしたりしていて、知名度が高いプロミスがあります。

審査の時間も短い方なら30分程度で完了し、申し込んでから、手元にお金が入るまで最短で60分程度で融資できる場合もあります。

プロミス以外にも、アイフルやアコムもほとんど同じような審査の時間です。

プロミスがアイフルやアコムと違うのは、プロミスは24時間の振込できる金融機関に幅広く対応しているということです。
つまり、プロミスなら昼からや夕方に申し込んだとしても、24時間振込ができる金融機関を指定すれば、当日中に手元にお金が入る可能性が高いのです。

また、プロミスはお申し込みからご契約までをオンライン上で行い、振り込みや借り入れをアプリを通して行うなど、オンラインでの利便性にとても特化しているのです。

もうひとつ、オンライン上での申込みに特化しているのはレイクALSAです。
レイクALSAは、審査の時間の長さにおいてプロミスと大きな差があるわけではありません。
しかし、入力、申し込みをした画面が完了すると、モニター上ですぐに審査の結果を確認できます。とはいっても、モニター上で確認できるのは、仮の審査の結果です。
仮審査とはいえ、すぐにおおよその審査結果を確認できるのは心強いですよね。
審査の結果をできるだけ早く知りたいという方にはおすすめです。

しかし、いつでもすぐに審査結果が確認できるわけではありません。
オンライン上で審査結果をすぐに確認できる時間帯は決まっています。
8時10分から21時50分までの時間帯になります。深夜など、それ以外の時間帯に申し込みをしても、審査結果が分かるのは、翌営業日にメールまたは電話での連絡になるので、注意が必要です。
翌営業日になっても審査結果が来ない場合にはレイクALSAのホームページの「審査状況のご確認」というページを確認しましょう。審査の状況がどのようになっているか確認できます。

そして、オンライン上ですぐに確認できるのは、あくまでも仮の審査の結果です。
仮審査の後には、信用情報の確認や職場への在籍確認なども必要になるので、オンライン上の仮審査がOKだとしても、100パーセント契約できるというわけではありません。その点はご注意が必要です。

カードローンでの在籍確認とは

カードローンでは、審査の過程で、在籍確認というものががあります。
本当に職場に勤務している実態があるのかどうかを確認するため、金融機関から職場へ電話で確認の連絡がある場合があります。

在籍を確認するだけなので、カードローン会社の名前をいうわけではありません。
電話の担当者の個人名で電話し、「△△さんはいらっしゃいますか?」などと、聞くだけです。なので、職場に借り入れ審査であると知られる心配はあまりありません。
しかし、電話連絡が少ない会社や少人数の会社で取引先を熟知している方が電話に出られた場合など、怪しまれてしまいます。
また、審査の過程での在籍確認なので、休業日などで職場での在籍確認がとれない場合には審査がそこでストップしてしまいます。そうなると、即日での融資が難しくなると言わざる得ないでしょう。

そこで、活用したいのが在籍確認をしないカードローンです。
在籍確認をしないカードローンのひとつとしてあげられるのがSMBCモビットのWEBでの完結申し込みです。
SMBCモビットのWEBでの完結申し込みは、社会保険証または組合保険証を持っていることが条件のひとつです。
保険証を提示することで、在籍確認とし、職場への電話連絡を省略しているのです。
SMBCモビットでのWEB完結申し込みには、もうひとつ条件があります。それは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のうちのどれかに口座を持っているということです。振込口座を限定することで、スピード化を可能にしています。

審査を不安に思うなら事前審査の利用を

過去に審査に落ちたことがある方や審査条件に不安のある方はどのように審査を受ければいいでしょうか。カードローンの審査を不安に思っている方に向けて、どのようなカードローンを受ければいいのかをご紹介します。

アルバイトやパート勤務で収入が少なく、審査で不利になるのではないかと心配な方や、初めてカードローンに申し込みする方などは、大手の消費者金融系カードローンがおすすめです。

カードローンの審査で必要なのは、高い収入であることや正社員であることなどではなく、借り入れの金額と収入のバランスが合っているかどうかなのです。少ない収入の方が、大金を借りるのは、貸す方の金融機関も返済が滞らないかと、当然不安に思うのです。

大手の金融機関では、公式サイトなどのオンライン上で、事前診断ができるサービスがあるところも多く、そういったものを利用して、前もって審査が通りやすいかどうかを調べておきましょう。
事前診断では、年齢や収入、他者での借り入れの有無など申し込みの審査基準になる項目を入力していき、融資が可能かどうかをおおよそではありますが、調べることができるのです。

事前審査の入力項目として多いのは、年齢(生年月日)、年収、雇用形態(正社員かアルバイト・パートか等)、他の金融機関での借り入れがあるならその金額、他の金融機関での借り入れの件数などがあります。入力時に手間取らないよう、事前に入力項目について資料などを用意しておくと、ストレスなく入力・確認できます。

借り入れに必要な最低限の情報を入力しての簡単な審査なので、この事前審査で融資可能であるとなったからといって、必ずしも実際に融資が受けられるわけではありません。
しかし、目安として安心材料になるのは確かです。この事前診断で融資可能なら、実際の審査を必要以上に不安に思う必要はないでしょう。

また、オンライン上の事前審査は、さほど大きくない金額を借りる場合の審査基準が基本です。
もし、借りたい額が大きいなら、事前診断の合否が大丈夫だからといって、安心とはかぎりませんので、ご注意ください。無理のない返済をするためにも、余分に借りず、最低限必要な金額に留めておきましょう。

初めての融資申し込みではなく、昔に融資の申し込みをして、否決されてしまった経験のある方は、申し込み先を大手の金融機関だけではなく、もう少し範囲を広げて考えた方が良いでしょう。

昔に否決されたカードローンの会社ではなく、まずは別のカードローン会社に申し込んでみましょう。カードローン会社によって、審査の基準は異なります。例えばA社で無理だったからといって、B社、C社でも否決されるとは限らないのです。

審査基準の厳しさとしては、一番厳しいのが大手の銀行系カードローンです。そして、その次に審査基準が厳しいのが、信用金庫など中小の銀行系カードローンとなります。
そして、テレビでCMなどをしている消費者金融系のカードローンが次に借りやすく、最も借りやすいと思われるのが、中小の消費者金融系のカードローンです。

そのため、昔に融資申し込みが否決されたのが、大手の消費者金融系のカードローンなら、今、中小の銀行系カードローンの審査を受けても、審査基準の厳しさからいって、通らないことが多いといえるでしょう。
そういった方は、中小の消費者系のカードローンも視野にいれて借り入れ先の候補を選びましょう。
また、中小の銀行系カードローンの審査には、対面与信といった直接会って審査する場合もあります。実際に話しながら、審査するので臨機応変に質問に返答できることもあり、審査が通る場合があります。
そして、中小の消費者金融系カードローンの審査では、過去の情報から成る信用情報よりも、現在の収入や生活の安定性などを重視した審査をすることが多いので、一度、大手で融資の申し込みが否決されたとしても、諦めることはありません。
一度大手の会社のカードローンを否決された方も、中小系のカードローン会社でもう一度、チャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

専業主婦や無職の方でも借りられる?

「中小の消費者金融系カードローンの審査では、過去の情報から成る信用情報よりも、現在の収入や生活の安定性などを重視した審査をすることが多い」と前述しましたが、現在の収入や生活の安定性などというなら、無職の方や専業主婦の方は、カードローンを利用することができないのでしょうか?

日本には、「貸金業法」という法律があります。貸金業法によると年収の1/3を超える貸し付けはできません。したがって、専業主婦の方や無職の方は審査にそもそも通らないことがほとんどです。

では、絶対に無職の方や専業主婦の方はカードローンなどでの借り入れはできないのか、といえば、そういうわけではありません。
専業主婦でも融資の対象としているカードローンも存在します。それは、配偶者に安定した収入があるという条件があるカードローンです。
配偶者の収入証明書や同意書が必要にはなりますが、配偶者に安定した収入があることを証明できれば、専業主婦の方でも借り入れが可能なのです。
しかし、借り入れできる金額は50万円程度までと本人に収入がある方に比べて金額が低くなります。その点は、注意が必要です。

それでは、配偶者のいない無職の方は、カードローンなどでの借り入れはできるのか。
正直にいうと、難しいと言わざるを得ないでしょう。
担保や保証人が必要のないカードローンでは、収入のない無職の方への融資は返済に不安が残るため、少し難しいでしょう。
しかし、カードローンの申込みは、なにも正社員でなくてはならないわけではありません。したがって、アルバイトやパート、契約社員など、とにかく何かしらに所属し働くことができれば、融資が可能になるのです。勤続年数が1年未満の場合、借り入れできる金額が低くはなりますが、まったくの0というわけではありませんので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

それでは、健康状態や家庭環境などにおいて働ける状態ではない、しかしお金が必要であるという場合にはどうすれば良いでしょう。そういった切迫した状態にあるなら、公の機関に相談してみるのもひとつの手です。民間の金融機関よりも低い金利で借り入れできたり、補助などの制度を利用できる場合があります。もし、そのような状態にあるのでしたら、住んでいる地域の役所や福祉事務所などに相談してみましょう。

他の金融機関でも借り入れがある場合には

消費者金融の業者などに適用される貸金業法には「総量規制」といって一個人が借り入れできる金額の総額を制限する規制があります。借り入れできるのは、年収の1/3までという金額までになります。そのため、他の消費者金融機関でも借り入れがあるなら、審査はどうしても厳しく、通りにくくなります。

もし、総量規制を気にせずに、借り入れをしたいのなら、総量規制の対象外の金融機関からの借り入れも検討しましょう。総量規制の対象外の金融機関とは、消費者金融系ではなく、銀行系のカードローンです。他社での借り入れの金額自体は、総量規制にひっかかることはありませんが、銀行なので審査が比較的厳しく、他社での借り入れの状況などももちろん審査に加味されます。他社での借り入れがあるということで、返済能力が低いと見られるのは仕方ありません。そのため、大きな金額の借り入れは難しいと思っていたほうが良いでしょう。

複数の金融機関での借り入れがあるなら

上記のように、総量規制を気にしながら複数の金融機関からの借り入れがあるのなら、金融機関各社ですすめている「おまとめローン」といったものを利用するのが良いでしょう。
おまとめローンとは、複数の金融機関からの借り入れを一本化することで、複数の借り入れにまたがる金利を安く抑えたり、ひと月のうちに何度も来る各社の返済日に追われることがなくなるなどの利点があります。おまとめローンは、多重債務者の救済措置として総量規制の例外になっているものもあります。複数の金融機関での返済があるなどの多重債務と言われる状態にある方は、返済する金融機関をまとめて1本化し、健全な返済計画を立てましょう。
総量規制の例外になっているおまとめローンのうち、代表的なものは、
・プロミス おまとめローン
・アコム 借り換え専用ローン
・アイフル おまとめMAX
などがあります。

信用情報とは

金融機関から、融資を受ける際に必ず確認、照会されるのが「信用情報」と言われる、これまでの融資の有無や返済状況などの情報です。
これは「株式会社日本信用情報機構(JICC)」や、「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」
「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」と言われる信用情報機関へ登録された情報を照会します。
返済が滞っている場合には、返済が遅れている最中はもちろん、遅延が解消されても約1年間は返済の遅延があったことが登録されたままとなります。

また、債務整理をした場合や、破産の申し立てをした場合には、約5年間とかなりの長い間
記録が残ってしまいます。
マイナスイメージの記録が残っている状態を、「ブラックリスト入り」や「信用情報に傷がある」等の言い方をする時もあります。
そういった場合には、カードローンの審査などに通らず、借り入れが難しくなりますので、マイナスの情報が削除されてから申し込む方が安心して審査を受けられます。

審査はなぜ必要なのか

カードローンなど金融機関でお金を借りる場合、審査なしでお金を借りることは難しいと書きました。
貸す方の金融機関からすれば、審査せずにどんどん貸して、利息を取った方が利益があがるのではないかと思いますよね。しかし、そんな簡単な話ではないのです。
順調に返済をしてくれる債務者ばかりなら問題ありませんが、もしも返済が滞れば、滞った分だけ、遅延損害金といわれる損害金がどんどん増えていきます。そして、債務者が自己破産などを含めた債務整理をした場合には、利息だけではなく、元金すら返済されない「貸し倒れ」になってしまう場合があります。そういった事態を避けるためにも、審査が必要なのです。

金融機関にとって、最も困るのは「貸し倒れ」と言われる、貸したお金が回収されない状態のことです。もしも、貸し倒れの件数や金額が多ければ多いほど、経営資金不足に陥り、金融機関の経営状態が悪くなってしまいます。
そのために金融機関は、お金を貸す相手を「きちんと返済できるのか」見極める必要があるのです。

返済しない人間が悪い、といえばそれまでですが、金融機関には、お金を貸す相手の返済能力を調査するという義務があるのです。貸す相手の収入、財力、信用情報(他社への借り入れ状況も含む)、返済計画が正しく実行されるかどうかなどを把握した上で、お金を貸すがどうかを判断します。

これは、金融業者の貸し倒れによる倒産や経営悪化を防ぐという意味だけではありません。もし、無制限に金融機関がお金を貸した場合、お金を安易に借りる人がどんどん増えるでしょう。そうすると、多重債務に陥る方や自己破産する方など、健全な生活を送ることができない人達が急増することになってしまいます。そういったことを防ぐためにも審査を必要としているのです。

審査の条件とは

カードローンは、保証人や担保などが必要ありません。誰かに迷惑をかけることなく契約できるという点ではメリットがありますが、その分、審査に条件が課せられます。本人に返済能力があるかどうかを問われるのです。

そのひとつとして、まずは年齢制限です。
カードローンで借り入れをするには、20歳以上が条件となります。また、年齢の上限もあり、だいたいの金融機関が65~69歳程度までを上限としています。

次に安定した返済能力があるかどうか、が条件となります。これは、正社員でないといけないというわけではなく、アルバイトやパートであっても定期的に安定して収入があれば、借り入れは可能です。

仮審査と本審査

カードローンなどで借り入れを申し込んだ時の審査には、仮審査と本審査の2つの審査を経なければなりません。

仮審査とは、申し込み時に入力した項目を点数化し、審査します。つまり、スコアをつけて点数が高ければ高いほど審査に通りやすいということになります。この時の審査は、コンピューターが自動的に行うことが多く、大手の消費者金融などではとてもスピーディーに仮審査を行います。
信用情報などへの確認も、仮審査の段階でざっくりとは行います。したがって、仮審査に合格すれば、借り入れの可能性は大幅にアップすると言えるでしょう。

そして、この仮審査に合格となれば、本審査へ進むこととなります。

本審査が何をするかというと、コンピューターではなく、人為的な確認をしていきます。
申し込みの内容と信用情報が正しく合致しているかどうか、そして、在籍確認として申告のあった職場で実際に働いているかどうかの確認を電話で行います。

申し込み内容のスコア化での仮審査と人による確認作業などの本審査を経て、ようやく借り入れが可能かの合否が決定します。

審査に必要な書類とは

カードローンを借りるには、主に2つの書類が必要になります。
ひとつは本人を確認できる身分証明書です。運転免許証や、パスポート、個人番号カード、健康保険証などがそれに当たります。
そして、もうひとつは収入を証明する書類です。源泉徴収票や、給与明細書、確定申告書、住民税決定通知書など、定期的に収入があることを証明するための書類が必要となります。
消費者金融系カードローンでは、借り入れ予定の金額が50万円以下なら収入の証明書は必要ない場合もあります。
しかし、50万を超えての借り入れを希望している場合や、すでに他者で借り入れをしていて、その金額と合計したときに100万円を超えるようなら、収入についての証明書が必要になります。
また、上記以外にも本審査の段階で必要であると言われる場合がありますので、収入の証明書は、念のため用意しておいた方が安心でしょう。

使い道も審査の基準に

申し込みの際に、資金使途といって、借り入れしたお金をどのように使用するかと入力する場合があります。その際に、意外にも敬遠されやすいのが、事業資金としての使用です。事業資金として使いたいなら、ビジネス用のローンがありますし、万が一倒産などとなった場合に、貸し倒れてしまう可能性が捨てきれないからでしょう。

また、ギャンブルや投資なども敬遠されがちです。
他の金融機関への返済なども、返済能力に不安が残る印象を与えるので、審査に通りにくくなるでしょう。できるだけ、健全な使い道を記入しましょう。

審査なしでお金を借りる方法とは

上記のように、審査をなしでお金を借りることは基本的には難しいと言わざるを得ないでしょう。しかし、多少の例外にあたるものがあります。

それは、クレジットカードのキャッシング枠です。
クレジットカードにも、発行するために審査が必要ですが、クレジットカードを持っているならその審査には通過しているということです。
そのため、クレジットカードのキャッシング枠なら、すぐに借り入れすることが可能なのです。

クレジットカードのキャッシング枠とは、普段の買い物などに使うショッピング枠とは別のもので、そのクレジットカードを使ってお金を借りることができる枠が定められています。もし、クレジットカードを作ったときに、キャッシング枠を設定していれば、すぐにでもお金を借りることができます。ただし、キャッシング枠には限度額があり、それはキャッシング枠を設定した時にその限度額も設定しています。その限度額までの金額であれば、最寄りのATMからすぐにでもお金を引き出すことが可能です。

キャッシング枠を設定しているかどうか、またはキャッシング枠の限度額は、クレジットカード契約時の契約書や毎月送られてくる利用明細書、クレジットカード会社の会員ホームページなどから確認が可能です。
クレジットカードをお持ちで、借り入れをお考えならキャッシング枠を設定したかどうかを確認してみてはどうでしょうか?

金融機関だけではないお金の借り方

お金を借りるのは、金融機関でないと貸してくれないわけではありません。もしお近くに「質屋」さんがあれば、利用してみましょう。

「質屋」とは、カバンや貴金属などある程度価値のあるものを「質草」として質屋に預け、質草の評価額に対応した金額を借りることができるのです。借り入れする本人の信用情報や安定性などは関係なく、質草として預けたものの評価だけでお金を借りることができます。
しかし、借り入れであることには間違いなく、利息は発生しますので、元金だけを返済すればいいわけではありません。元金に加えて利息を支払うことで、質草として預けたものを返却してもらえます。もし、期限までに返済できなければ、質草の所有権は、質屋に移り、質流れと言われる状態になるので、注意が必要です。

審査のない融資を探すより、債務を減らしましょう

一度、融資の審査を否決されると、どうしても審査を受けるのを躊躇してしまいます。
しかし、審査のない融資は、ほとんど存在しません。もしあるとしたら、闇金などおすすめできない金融機関になってしまいます。
審査のいらない融資を探すよりは、借り入れしているお金を遅延なく返済し、減らしていくことをメインに考えましょう。
複数の金融機関に借り入れがあるなら、幾重にも重なる返済を1本化する「おまとめローン」を活用するなど、健全に、債務を減らしていく方向にしていくのが、次の審査を円滑に通す秘訣といえるかもしれません。

収入があるなら任意整理や個人再生するのもひとつの手

「任意整理」とは、利息を調整し、返済期間を長めに設定するなどして、月々の返済額の負担を軽減していく措置です。手続きにかかる期間も短く、弁護士への依頼もさほどかからずにできるため、利用する人が多い制度でもあります。

もうひとつ、「個人再生」という方法もあります。こちらは、「個人再生計画案」と言われる返済プランを裁判所に承認してもらうことで、元金も含めて減額してもらうことができます。

どちらを利用するにしても、毎月の安定した収入や健全に返済していく意志が必要な制度です。

収入がないなら自己破産

毎月、決まった収入はないという方は、任意整理や個人再生などの制度を利用して多重債務の状態や借り入れ過多の状態を脱するのが難しいと言えます。
それでは、もし任意整理や個人再生を利用できず、借り入れ過多状態になった場合、どのようにすればいいのでしょうか。
ひとつの方法として、「自己破産」という方法もあります。
自己破産とは、借り入れているお金の返済が不可能であることを裁判所が認定することで、返済の義務が免責されるというものです。しかし、まったくすべての返済義務が免責されるわけではありません。税金や損害賠償など、一部の債務は継続して返済義務が発生します。
自己破産すれば借り入れているお金の返済義務はなくなりますが、生活に必要な最低限の財産以外はすべて没収され、債権者への返済に充てられます。
自己破産すれば、借金がなくなり、借金をする前の生活に戻れるわけではないということは覚えておかなければなりません。

審査のない融資はない

結果として、融資を受ける際に審査がない、ということは有り得ないとなります。もし、あったとすればそれは闇金などのおすすめできない金融機関になりますので、そういったところからの借り入れはしないようにしましょう。
漠然と審査に不安を覚えているなら、事前審査の利用や、返済計画の見直し等を図り、安心して融資を受けられるように準備をするのが一番の近道かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする